人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

プラハにパティセリー! それもパリから



このところ咳のため、ずっとハーブティばかり飲んでいて、コーヒー党の私には
なんか物足りない。
すると、友達が  パリのパティセリーにいかない?
パリのそれともパリ通りの??? と思いながらいったところは、

まるでパリのパティセリー
f0077150_14571744.jpg


ショーウィンドウから見える、スウィーツの数々。 どれもとってもきれい。
歩く人たちがみんな立ち止まってため息。多分こんな素敵な店 プラハで初めてなんじゃないかな。

f0077150_365138.jpgどんなにきれいでも甘いケーキが苦手な私。 でも見つけてしまった大好物のマロングラッセ
フレンチマダムに  「これはコーヒーのキャビアってところよ。」なんていわれて3つも食べました。 エスプレッソもおいしかった。 テニスの後の疲れた体を癒してくれました。
こっそり教えてくれた友達に感謝です。 フレンチカップルのsalon de the
f0077150_20512583.gifお持ち帰りはこんな可愛いラッピングにしてくれます。 

by bbwan | 2007-10-31 03:02 | マイブーム  

健康だけがとりえなのに

ひさーしぶりに  風邪
をひきましたーーーーー     
風邪といっても熱も、だるさもなく、ただ咳がとまりません。f0077150_1331871.gif
バレエやオペラのシーズンを控えているので、病院にいき、先生から 風邪にいいというハーブティをもらいました。 






10月28日は チェコ&スロバキア(当時)の独立記念日 長い間支配されていたハプスブルク家から独立した日でした。  毎年その記念の日に上演されるのが スメタナのオペラ 「リブシェ」
リブシェは昔から言い伝えられた伝説で、チェコの国の建国と発展を予言したという女性の名前です。 そしてその予言通り黄金の街プラハとして栄えたのです。最期に、「チェコよ永遠なれ」と歌いきった主役リブシェ役Eva Urbanovaと全員での合唱、オーケストラそして観客 すべてが一つになり、この場にいられることにいたく感動しました。   
チェコ国民が自分たちの言語で表現できる場所としてつくられたこの国民劇場のこけら落としのために スメタナが書き上げた リブシェ そういう背景、物語にでてくる人の名前など2年半いる今だからこその感動だと思いました。 
f0077150_1204291.jpg


お知らせ

by bbwan | 2007-10-27 05:27 | ひとりごと  

秋を迎えたプラハ。 
なんだか寂しい気分になるのは私だけではないみたい。



f0077150_2154425.jpg甘えん坊ブルートは留守番ができず、パヴィアさんのお世話になっています。



f0077150_21543073.jpgそしてそのパヴィアさん、先週愛犬を亡くし、顔を見ると涙が溢れてきます。
その顔をみると、私もついもらい泣き、バーディのこと思い出してしまいます。


黄金色に染まった公園で、冬ごもり前に小動物達が活発な活動を
はじめているのか、犬達とっても興奮しやすく、大声で叫ぶ声があちこちで。
ブルートもここのところ2度も脱走。 30分後には見つかったけれど、
飼い主をハラハラさせます。 
f0077150_21553750.jpg
待てというコマンドだけは聞けるけれど、この視線の先はいったい、、、。

by bbwan | 2007-10-23 21:56 | チェコの犬  

引っ越しセミナー

某引っ越し業者がおこなった、 引っ越しセミナーに参加しました。  引っ越し予定はないですが、当日のセミナーの項目の一つ  ( ペット連れの引っ越し について) これが一番の参加理由。  過去2回犬を連れて海外引っ越しを経験しているけれど、それぞれの国によって事情は違うし、日本に帰国には万全で臨みたいもの。  新たな情報も収集しておきたいし。

会場場所は 地下鉄アンジェルから歩いて15分ほどのマーベンピックホテル横の
日本食レストラン 御膳  f0077150_23112082.jpg 
このセミナーの参加者は30人ほどで、こんなに多くの日本人に会うのはプラハにきて初めてだったので、ちょっと気遅れしてしまいました。  会場に集まった人たちは、それぞれ知り合いがいるようであちこちで挨拶しあっていましたが、




私には知っている人がいないんです。......   なので私に声をかける人もいない。...... 
誘ってくれた友達が唯一の知り合いで、 そしてもう一人、犬を通じて知り合った人が声をかけてくれました。 かなりういていた私たち2人組でした。

引っ越しセミナーの内容は

by bbwan | 2007-10-18 22:19 | プラハ  

週末お城巡り


週末時間のあるとき、ドクターにすすめられてハイキング感覚でチェコにあるお城をあちこちと歩いていたら、オットのメタポリック症候群の看板降ろしてもいいみたい。
週末の我が家の楽しみになったので、シリーズで記録を残してみようと思っています。
チェコのお城は4−11月の間だけ開城となります。  
今年の夏にいったお城です。
 
***ストジェコフ城
プラハ北のラーベ川を望む頂にあります。 最後の領主は名門ロボコヴィッツエ家。 ワーグナーがここでオペラ「タンホイザー」を作曲したのはあまりにも有名。
f0077150_0161923.gif

歩いて登ってやっと城の入り口。
f0077150_0165176.gif

お城から見えるラーベ川
f0077150_0581295.gif

**** テレジン要塞
プラハの北車で1時間ほどした、エルベ川とオフジェ川が合流するあたりにあるナチスドイツ占領時の強制収容施設。 チェコ人、スロバキア人、ユダヤ人が各地から収容され、ここからアウシュヴィッチェへと送られて処刑されたそうです。 写真は国民墓地
f0077150_0172344.gif

小要塞のなかにある、監房。 ここは非常に劣悪な環境のため、病気で死亡した人も多く、戦争末期ではチフスが発生し、ナチス指導部は何の対策もせず、放置、それを当時プラハ市や地元の町の住民により援助され、医療活動がなされたという。  そして、処刑場やしたい保管所などもあり、非常に空気が冷たく感じました。
f0077150_0174410.gif


***** チェスキー シュテルンベルク城
プラハから南下し、山道をくねくねと走っていくと、山の上にこの城が現れます。現在もシュテンベルク家の伯爵が住んでいるということで、城内ガイドツアーで出くわすことがあるとちょっと期待しましたが、もちろん会えませんって。
f0077150_0181557.gif

お城の裏手には、監視塔があり、こちらは犬もOK。 
f0077150_030486.gif


f0077150_21541492.jpg
こんな急な階段を登り続けて頂上まで。 登ったはいいけれど、ブルート怖くて降りれなくなり、私が抱いておりました。
f0077150_2155180.jpg
だんことして降りようとはしなかったブルートです。

お城の下に流れる川の横にあるワインセラーと陶器の工房。 ワインと陶器でできたフラスコを買いました。
f0077150_0311856.gif

by bbwan | 2007-10-16 00:32 | チェコお城めぐり  

こんなの売ってる!

生麺がないと麺打ち修行中ですが、 スーパーでこんなの見つけました。
生うどんと生の焼きそば
f0077150_5105929.jpg


最近スーパーのアジア食材コーナーは面積もどんどん広がって、売っているものも少しずつですが充実してきています。 生麺がないとぼやいていた私の声が天まで届いたみたいです。

そしてアジアンフードが好きな人に人気のアジアンミニマートがなんと韓国食材店になりました。 その名も Korea Mart
f0077150_5121977.jpg

日本の食材もぐ−っと増え、韓国食材でも日本と同じようなものが売ってます。
そしてうれしいことに、アジアの野菜コーナーも以前と変わらずあります。
この日私が買ったもの。
f0077150_5115156.jpg

日本食材店は日本人が多く住む6区にあり、 我が家からはわざわざ車などの乗り物にのって買い出しにいかねばなりません。  これが私には結構大変なことでした。  6区非居住者はセンターに近い2区の韓国食材店にいく機会も多かったのですが、 今度は歩いていけます。、、というか散歩のついでかな。
 

by bbwan | 2007-10-09 23:18 | プラハ  

チェコの彼を紹介!

私のチェコ人彼を紹介しまーす。

年齢22歳  名前はJarda ヤルダ   趣味は日本、日本語、日本の歌、、と日本すべて。

日本が大好きな彼とチェコ語を勉強中の私の交換勉強会をはじめてもう2年ちかく。
今年大学に受かってはれて花の大学生となりました。
彼の日本語と私のチェコ語のレベルの差はどんどんと開く一方ですが、それでも根気よく会話のパートナーをつとめてくれています。

そのヤルダ君が日本語ブログをはじめました。 みなさんよろしく。 そしてコメントいれてね。

ヤルダの日本語ブログ

by bbwan | 2007-10-06 03:59 | プラハ  

ヴァッハウ渓谷 

9カ国にまたがる雄大なドナウ川    
2800kmの流れのなかで世界遺産に指定されたオーストリア35kmのヴァッハウ渓谷 --メルクからクレムス--までのこの渓谷は、ワイン街道ともいわれ、そのワインを味わいにでかけました。

チェコのワインを調べてみると、気候にあった白ワインが得意。 
でも白ワインといったらリースリング、リースリングといったらドイツがお決まりですが、オーストリアはドイツより南に位置し、季節や日中の気温差が大きくなおかつ高地なため、ドイツよりも酸味が低く糖度の高い白ワインが特徴。その2/3を生産するヴァッハウ これはもう期待できそう。

泊まったのは デュルンシュタイン まるで中世にいるような気にさせる街
f0077150_3495231.gif


たわわに実った葡萄畑がひろがります。

f0077150_3511143.gif

杉でなく、松の枝で作った「松だま」  造り酒屋・ホイリゲ の印
f0077150_3531062.gif

なかに入ると、目の前は葡萄畑。 発酵中のStrum ( チェコ語でいうブルチャック)を楽しむ人たちでいっぱい。 相席しながらおしゃべり。
f0077150_435263.gif


街のイベントは  収穫祭 教会から街をパレードです。
 
f0077150_16583185.jpg


f0077150_16585711.jpg


そしてあの映画の世界へ

by bbwan | 2007-10-03 03:49 | 犬旅