人気ブログランキング |

<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

雨の日の意外なできごと

いろいろと考えることがあり、今週は家にこもっていようと思ったら、晴天続きのプラハに雨。   
家の前の公園でちゃっちゃーとブルートの散歩を終わらせようと思っていたら、私の思惑に反してどんどん歩き カンパパークまできてしまいました。

早朝のカンパはブルートの貸し切り状態。
f0077150_2115411.jpg
   薄着できてしまって後悔しながらも、のんびり歩いていたら、大型犬軍団と遭遇。 どの犬もとてもいい犬なんですが ブルートには苦手なようで、進路変更してしまい。そのままブルートの好きなように歩かせたら、ベーグル屋に直行でした。
f0077150_214643.jpg


するとベーグル屋の古株の店員が、
 転職するから、今日で最期なの。  あいさつしたかったから、あなたに会えてよかった 
彼女とは ただの客と店員としての関係しか感じてなかった私には、 なんかこの言葉胸にじーんときました。  ただのフィルターコーヒーだけど、暖かくておいしく感じました。

ブルートやるじゃん こういう出会いはブルートがいないとなかっただろうな〜と、ブルートをみたら、彼女からもらった犬のおやつをぺっーと吐き出してた。
それないんじゃないのー

by bbwan | 2007-05-29 20:43 | プラハ  

ブルートの憂鬱


オットが怪我をして救急車で病院にいき、家に戻ってみると ブルートなんか変。 
松葉杖に ドキッドキ
1週間仕事を休んでダディが家にいるのはうれしいはずなのに、近寄れない。
かわりにマミーは家にいないことが多く、そんなとき玄関のドアに張り付くようにして、帰りを待っています。

ちょっとした環境の変化に敏感に反応するんだなーとつくづく感じています。
 
松葉杖で出勤するオットを送って会社にいったときのこと。
単純にドライブだと思い、車から興奮して飛び出そうとするブルートを危ないと一喝すると、腰が抜けたみたいに床に這いつくばり耳は後ろにおれ、しっぽはおなかのほうにたおしたまま、震える目で私を見てました。 

そんなブルートも散歩のときはいつもかわらず元気です!
f0077150_22333793.jpg

 30度近くまで気温が上昇したので、水から水のなかに

f0077150_2234594.jpg


プラハ市内であったチェコの有名人(ローカルなネタ)

by bbwan | 2007-05-26 05:17 | チェコの犬  

シーズン到来

天気のいい毎日です。 気温が日中30度近くにも上昇。 すっかり夏模様。
夏といったらヴルタバ川には

f0077150_64717.jpg


f0077150_642577.jpg

ボートを楽しむ人たちも

f0077150_644797.jpg

陸ではサイクリングレース/マラソン大会


大きな声ではいえませんが、プラハマラソンにサイクリングレース コースが目の前のうちのあたりは、これらのイベント時は不都合なことが多くて、今回のプラハマラソンも非常に大変でした。。。。 

愚痴もこのくらいにして、 ブルートの友達Pepa  
f0077150_5574564.jpg
子供だからって容赦しないブルート Pepaも犬だからって容赦しないらしく、1人と1匹いつまでも遊んでました。 
f0077150_5581021.jpg

by bbwan | 2007-05-23 02:06 | プラハ  

列車の旅から戻りました 

ここのところ、体調不良やいろんなことが重なり、ブログを書く余裕がなくしばらくお休みしました。 ご心配くださった皆さんありがとうございます。 運悪くオットもしばらく松葉杖の生活を送ることになりました。 なので、これからものんびり更新となりますが、よろしくお願いします。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 先週の話題。
 バンコクから遊びにきた友達は私の何倍も動物にやさしく、ちょっとした動物愛護家よりもずっと勇気がある人で、犬をレスキューしてから、7年もヨーロッパに帰ることをしませんでした。 そんな友達から、

ヨーロッパ犬連れで列車の旅をしたい

というリクエストで、ブルートを連れてミュンヘンまで列車旅してきました。出がけにあわてて、カメラを持参することを忘れてしまい、画像は携帯でとったもの。
 プラハからミュンヘンまで直通列車で6時間。 列車のなかのブルートです
f0077150_2118382.jpg
 6時間の長旅はどうなるかとどきどきしましたが、列車の旅に慣れたのか、列車のなかではすぐに寝てくれました。 

 南ドイツに位置するミュンヘンは、ドイツのなかでも最高生活水準なのだそうで、いろんな面で余裕というのを感じる街です。 そんなミュンヘンでの生活が大満足だという セレブなマダムKに達人的ミュンヘン案内をしていただきました。
待ち合わせは 高級デリカテッセンダルマイヤ  そして連れていってくれたのは高級ペットブティック 
f0077150_2151271.jpg
 閉店していたのですが、オープンしてたらどうなっていたことか、、、。  

翌日は、天気がいいので、マダムKの愛車ガブリオレでルーフをとってドライブ。ブルートもご機嫌 
f0077150_21524444.jpg


マダムKお気に入りのミュンヘンでも超高級デリカテッセン Kaferへ。
f0077150_21561217.jpg
 買い物にきているマダム達も素敵だけれど、働いている人もなんか素敵。 食料品はもとより、雑貨も充実してますね。

その後ヴィクトリアンマーケットでいろんな総菜を買ってミュンヘン郊外のビアガーデンへ。
ここはシーフードコーナー
f0077150_2211564.jpg

 
ビアガーデンで、大きなプリッゼル ビール大ジョッキ
f0077150_2222171.jpg
 ドイツはなんでも大きいです。

 
f0077150_3131398.jpg
 こちらはミュンヘンの広大な英国庭園であった動物。 右は馬(ポニー)、左はグレートデーン
ポニーは気が荒いから、リードは放せない  といっていた飼い主。 ポニーがペットとは やっぱすごいよ@@ 

by bbwan | 2007-05-14 00:20 | 犬旅  

来客!

Butcher 家 来プラハ
バンコクの友達がUKに里帰りのついでに、プラハまで足を運んでくれました。
タイのおみあげ UKのおみあげもいっぱいです。 
ブルートも思い出したみたいで飼い主同様熱烈大歓迎。

しばらくブログをお休みします。 

by bbwan | 2007-05-07 06:53 | タイの犬  

最期を看取るということ

5日、日本から悲しい便りがありました。
バンコク時代の犬飼い仲間から、犬友達 黒ラブバディ6歳が長い散歩へ旅立ったとの報告です。 今頃バディは虹の橋に着いたかな。。

日本に帰国して1年。 4月上旬、バディの脾臓腫瘍を摘出、それが他の臓器にも転移しているという。 摘出から長くて半年と言われていたそうだが、進行は早かった。 
バンコク時代の仲間である獣医師のH先生がバディの旅立ちを見送ったとの報告を受け、先生も飼い主もどんな思いで最期を看たのかとあれこれ思いを馳せた。 

写真をみてたら、頭のなかがぐるぐるしてまとまらなくなってしまった。
f0077150_5413544.gif

我が家の犬達は、私が看取ることなく虹の橋にいってしまった 慌てん坊さん。
せめてブルートは慌てないでほしいな。

by bbwan | 2007-05-06 04:00 | タイの犬  

パリ通り

f0077150_4453171.gif

プラハにある パリ通り 現在はブランド店が並ぶおしゃれな通りです。中世時代、差別されたユダヤ人を積極的に受け入れ、ヨーロッパ最大のゲットーとなりました。
18世紀になり、貧しい人たちが住み着いて、非常に不衛生な場所となり、20世紀には再開発されアールヌーボーのきれいな建物が建ち並ぶ通りとなりました。
建物を見て歩くだけでもとても興味深いのですが、ウィンドショッピングも楽しいです。

f0077150_445597.gif

私の行きつけの店   なんて、うそうそ。 私にはあまり興味のないところですが、どうしても用事があったので、ドアを開けました。


f0077150_446432.gif

私のバックです。 20歳のときに初めての海外旅行で何を血迷ったのか買ってしまいました。 雑に使って、とうとうストラップがブチットきれてしまいました。
捨てることもできずお直しをお願いしたところ、新しいストラップをつけてくれました。 あと20年はまた使えると思い写真をとろうとしたら、お店の店員、 鼻で  ふん! だって。 


f0077150_4463187.gif
 
こんなとき、家の近くのティーハウスに直行です。びっくりするくらい種類が多く、日本茶だけでも10種類以上あります。 今日は玉露を選び、適温のおいしいお茶で気分がほぐれました。 こういう店プラハにあるっていうだけで、うれしくなりました。
もちろんブルートも一緒にくつろいでしまいましたよ。 

by bbwan | 2007-05-04 04:47 | プラハ  

ハタの休日

f0077150_2228154.gif

じゃ、じゃーん! 今売り出しにでているプラハ郊外の別荘。 
犬と一緒に週末過ごすにはぴったりです。 じゃ買っちゃうの?

実はチェコの友達が家族の持つハタ(別荘)に招待してくれました。 管理するのが大変になって手放すのだそうです。 その前にブルートと一緒によかったらと誘ってくれました。 

f0077150_22285754.gif

予想以上に喜んだのがブルートで、庭を探索したり、かくれんぼしたり。こんなに楽しそうなブルートは久しぶり。

f0077150_22295919.gif

近くの森を散策。 

f0077150_22302519.gif

馬もいて、森まで乗馬を楽しんでいる人たちにもあいました。

f0077150_22293011.gif

友達はこの湖でおじいさまから水泳の手ほどきを受けたそうです。 今はちょっと水が濁ってしまったけれども。

f0077150_2343735.gif

このハタ(別荘)地帯どの家にも犬がいます。 番犬から、小さな犬まで。 

わたしが一番気に入ったのはこの井戸
 
f0077150_22283215.gif
このあたり、水道をひいている家はほとんどなくどの家もみな井戸水。必要な水は井戸から汲みます。飲んでみたら、つめたくてとってもおいしかった。これでウィスキーをつくったらいけるよ、きっと。 

 小さなハタですが、ブランコや砂場もあり、食器棚には同じ柄の食器が並んでいるし、ちょっとしたバーもありました。彼女が小さかったころの写真が飾ってあって思い出もいっぱいあるこの家 テラスに座って庭を眺めるだけでもハッピーなひとときを過ごせました。 

f0077150_423273.gif

こんな風に日が暮れるまで庭で遊んでいたブルートです。
 



f0077150_22305155.gif
庭に咲いていたチューリップをおみあげにいただいて、花を見ながら思い出しています。 もう買い手ついたよね、きっと。 

by bbwan | 2007-05-01 22:31 | 犬旅