ブルート ドイツアルプスを歩く その2

べルヒテスガーデンでのんびりしたあとは、ドイツアルプスを西に向かって 宿泊先をガルミッシュ バルテンキルヒエンへと移りました。ここはかつて冬期オリンピックがおこなわれたところ。 なるべくアルプスの雰囲気にひたるため、街から離れたパルトナッハ渓谷へといってさらにゴンドラで登った山の中腹の山荘で過ごしました。 山荘のまわりはカウベルをつけた牛やヤギのいる牧草地。 毎朝の散歩はこの牧草地帯を歩きました。 このときがブルートにとって一番楽しかったときかもしれません。 私の声なんて聞こえなかったみたい。JRTは牛追い犬とは違うので、牛、馬、羊などには興味がなく、小動物(リス、ねずみなど)を追いかけるのに夢中。 これってテリアの本能なんでしょうね。
 f0077150_3255127.gif この山荘、犬連れには有名なのか犬を連れたお客さんでいっぱいでした。隣の部屋はドーベルマンとワイマラナーを連れたカップル。 大型犬なのにとっても寂しん坊なのか、飼い主が食事の間、部屋で留守番させると、もう大騒ぎ。 飼い主が部屋にいれば存在も気がつかないくらいおとなしい。 しつけのはいったドイツの犬でも留守番できないなんて、ブルートと一緒だね。 
 この山荘の主はこの子。 ブルートと気があって散歩もこのとおり一緒。 無視すると騒ぐので、山荘にいるときは一緒に行動。  








リンダーホフ城とノイシュバンシュタイン城にいきました。  f0077150_3184443.gifラッキーなことにリンダーホフ城はブルートも入場を許可されました。 ルードリッヒ2世が手がけた3つの城のうち唯一完成した城。 ここでもベルサイユ宮殿のコピーをあちこちに目にしましたが、なんといってもここは夏の間しかみられない ヴィーナスの洞窟が一番の見所。 ワグナーに傾倒していたルードリッヒ2世はタンホイザーのオペラ鑑賞するために、洞窟の小池に小舟を浮かべたという。さぞ、満足したでしょうね。 







今回の旅のキーワード、 ビスコンティのルードリッヒ2世をみて、若かりしチーコはノイシュバンシュタイン城に来たそうな。そのときと比べて今回一番驚いたのは、人、人、人。 ここを訪れる人の数の多さ。 ノイシュバンシュタイン城というと、ディズニーランドのシンデレラの城のモデルにもなったといわれたきれいなお城。 もう世界中の言語がとびかっていました。チケット売り場で申し込んで、参加できたガイドツアーは2時間後。ちなみに私はスペイン語ガイドツアーで日本語のオーディオガイド。 お城の中は犬連れ×ですが、多くの犬連れに会いました。
f0077150_5361541.gif










f0077150_3302834.gif
 ここは2600m ここから頂上までゴンドラで上りましたが、霧で視界ゼロ 
f0077150_331235.gif

山はいいですね。 スキー場に年間120日いた昔を思い出してしまいました。 今年の冬はスキーしようっと。 夏休みからそんなことを考えてしまいました。
[PR]

by bbwan | 2006-08-13 04:27 | 犬旅 | Trackback | Comments(28)  

トラックバックURL : https://bbwan.exblog.jp/tb/3061873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by momozaruu at 2006-08-16 06:08
お帰りなさい。旦那さまもお休みとれて
楽しいご旅行できて良かったですね。
私も前にお城行きましたよ。友人はリンダーホフに感動してました。

やっぱり、ブルートくんと一緒に旅行っていいですね。
早くここから脱出してとろと一緒にいきたいわ〜。
Commented by arc1017 at 2006-08-16 06:11
「The hills are alive~♪」なんて、口ずさみそうになりましたよ。下の写真↓♪
むふ♪すぐわかりましたよ。実は私、サウンドオブミュージックを去年初めて観たばっかりやったんです。ここってホテルにもなってるんですかー。なんやー知っとったら、私も泊まりたかったー!!(><)
写真が美しいですねー。ドイツってやっぱり美しいんだわ、って思い出させてくれるような写真です。
Commented by Uri at 2006-08-16 09:26 x
ムー家の皆さん、自然がいっぱいの美しい風景の中で、ゆっくり楽しめたようでよかったね!!
やっぱりわんこってこういうところで飼うのがいいのかなぁ?なんて思ってしまいますね。ブルート君が本当に馴染んでるね!まるで絵の中のわんこになってるよぉ!!
パパさんもリラックスできたかなぁ?命のお洗濯ですね。
Commented by COCOママ at 2006-08-16 10:22 x
おかえりなさい。
数々の美しい画像を見ているだけでため息ものですね。
そんな素晴らしい景色の中に身をおいているムーさん、うらやましいです。
それも、ブルート君も一緒だなんて。
ドイツもワンコにフレンドリーな国なんですね。
小さいころ住んでた家に大きなノイシュバンシュタイン城のポスターが飾ってあり
「お姫様と王子様が住んでいるのかしら。」と空想にふけっていた夢見る少女時代を
思い出しました。(*^。^*)
Commented by mwakao at 2006-08-16 17:24
お帰りなさい。。。
↓ 私、サウンドオブミュージック9回観ました!
この写真を見て、なんだかすごく懐かしかった。
それに、こんなにステキなところがいっぱい・・・・・
写真を見てるだけでも、満喫できます。
それに、ワンコも一緒にいられるって、良いねぇ~
ドイツかぁ~~~  きっと、一生行かないと思う。
でも、写真で見てると、ステキなところねぇ~~~~~
Commented by ヒロ at 2006-08-16 21:12 x
ブルートくんも一緒に素敵な景色を満喫のご旅行だったんですね~^^
残雪の山は寒そうですが、いかがでしたか??
山荘でお友達もできたのですね♪
Commented by nmariomama at 2006-08-17 00:21
素敵な旅でしたね。
ブルート君もすっかり旅犬で、どの写真にもさまになっておさまってるので、感心しました^^
それにしても、やっぱりヨーロッパのお城は見ごたえがありますね。
歴史を勉強しないといけないけれど、でも、見ているだけで圧倒される重厚な感じがあります。 
東欧、行ってみたいなあ。。。
Commented by bbwan at 2006-08-17 04:35
momozaruさん☆手はだいじょうぶですか? コメントありがとうございます。 イヌとの旅行はそれだけで楽しいですし、イヌも学習しますよ。 そんな楽しみがはやくできたらいいですね。
Commented by chibininn at 2006-08-17 05:09
うぉー、すんごい充実した旅でしたね。ツークシュピッツェの日は、お天気イマイチだったのかな。ちょっと残念かも。

イケメンはムーさんに寄ってきている可能性もありますよ。ムーさん、プラハでも結構ナンパされてませんでしたっけ?
Commented by bbwan at 2006-08-17 05:25
arc1017さん☆ご存知でしたか? 主にセミナーとして使われているようですが、宿泊ももちろんできますよ。  私はドイツ好きですよー。 なんていっても先進国ですもの。
Commented by bbwan at 2006-08-17 05:38
Uriさん☆実は道中はいつものごとく、バトルでしてそうじゃなくっちゃbbwan familyじゃないって!? ブルートも車に慣れ、車でおでかけが大好きになりました。   欧州わんこの仲間入りできたかな?
Commented by bbwan at 2006-08-17 05:41
cocoママさん☆いろいろと生活面でぶーたれてましたが、それもこういうところにブルートと一緒にいくことができたこと、感謝しないとね。  ほんと、白亜のきれいなお城です。
Commented by bbwan at 2006-08-17 05:43
mwakaoさん☆サンドオブミュージック 好きなんですね? 私の友達も新婚旅行にザルツブルグにいった人がいました。  私こそ、ここにくるとは思ってもみなかったですから、まだまだわかりませんよ。 
Commented by bbwan at 2006-08-17 05:48
ヒロさん☆残雪の山ですが、空気がきれいで、肺の中がレフレッシュするかのようでした。  山荘でも退屈することなく、ブルートもうれしそうでした。 
Commented by bbwan at 2006-08-17 05:50
mariomamaさん☆あちこち連れ歩いて、ブルートもおでかけ大好きな、旅好きな犬になりました。  
 お城見るにも、歴史を知っているのと知らないのでは違いますよね。 はい、つとめて勉強します。 
Commented by bbwan at 2006-08-17 06:00
chibininさん☆お天気は雨雲が追いかけてくるようでしたが、充実してました。 ミュンヘンでは買い物できて、やっぱりchibininさんがうらやましーいです。 ドイツのイケメンはこちらよりも洗練されてますね。  イケメンが私に?とはありえないとオットがいってますが、イケメン達と会話ができてちょっとご機嫌です。 イケメンだけに隣には可愛い彼女がいましたけれど。
Commented by てむ at 2006-08-18 05:05 x
おかえりなさ~い。
ブルート君も旅を満喫したようですねぇ。
わんこ天国だというなら、わたしも今度ぜひ行ってみたいです。
だって南ドイツ、いまだ行ったことがないんです。だから本当うらやましい限りです。
でもって実は今週 単身者の知人グループが同コースを周遊中。
私は北ドイツ最高峰を眺めるだけで、我慢してます。
Commented by kazinvic at 2006-08-18 08:28
サウンドオブミュージック、だ~い好き! この庭も、とっても見覚えがあって嬉しいです。
うわぁ、それにしても、、、本当に素敵なお城と山々ですね。
ノイシュバンシュタインは、小さい時から、ず~っと憧れてました。
いつか、一度でいいから、行ってみたいものです。
Commented by toccy at 2006-08-19 10:21 x
ダックスちゃんとお散歩するブルートの姿がとってもおにいちゃんに見えますう~♪このお城の写真をみて『シンデレラ城』だ~~と思ったら、やっぱりそうなんですね~♪すごいすてき~~☆
Commented by bbwan at 2006-08-19 22:29 x
てむさん☆そうなんですか? そういえば北ドイツからという人たちにも会いましたよ。 JRTは人気犬種だそうで、あった人たちにJRTのことを聞かれましたよー きっとナポレオン君も注目犬になるはずです。 ドイツ語がわかればさらに楽しめそうです。
Commented by bbwan at 2006-08-19 22:31
kazinvicさん☆帰って来てからもう一度見ましたが、何度見てもいい映画ですね。 知っているところがでたので感動も大きかったですよ。  
Commented by bbwan at 2006-08-19 22:33
toccyさん☆このダックスは年も同じくらいなんだそうです。 他の犬にはガウガウでしたが、なぜかブルートのことが気に入って、一緒に散歩してました。 朝ご飯もついてきたりして、ストーカーみたい。 
Commented by ryu_ma_ma at 2006-08-20 14:56 x
お帰りなさーい。
今回の旅は特別羨ましかったですよー。
竜の歌「一人ボッチの山羊使い」でご覧になった?ように
大の「サウンド・オブ・ミュージック」ファンの私です。

ロケ地を回るツアーがあることは知ってたんですけど
ここに泊まれるなんて思いも寄りませんでしたよ。
この次は必ず泊まりたいです。

ネスト・オブ・イーグルというのもヒトラーの山荘だったなんて全く知らず行きませんでした。

ノインシュタインには行けたけど、ミュンヘンから列車で時間がかかりすぎてリンダーホフに寄る時間がなくなりました。

私の旅はなーんて中途半端だったのだろうかと今さらながら悔やまれます。

おまけにミュンヘンからパリで乗り継ぎ便が欠航。
急遽泊まったパリでデジカメをスラレ
ダニューブ川~ザルツブルグ~ノインシュタインまでの写真がありません。


絶対、もう一度行きます。
ムーさんの行程をファイルに残しておきますね。
Commented by kawai at 2006-08-20 21:59 x
bbwanさん、初めてお便りさせていただきます。
ミュンヘンの靴屋さんでブルートくんに一目惚れしてお話をさせていただいた者です。あの時は、本当に突然で失礼しました。私たちもドイツとオーストリアの旅を終えて金曜日に帰って来ました。旅の空は秋の気配。オランダはもっと秋を感じます。これを機会にどうぞこれからもよろしくおつきあいください。
このアドレスはさっそくブックマークに入れました。これからちょこちょこ楽しみに読ませていただくつもりです。今回はミュンヘンでしたが、いつかまたオランダへお越しの際はぜひご連絡くださいね。
私たちの犬探しは始まったばかり。オランダは犬のパラダイスなんですが、外国で飼うのは初めてなので、とまどっています。どうなることでしょう?
Commented by schaliblog at 2006-08-21 23:04
え~!Linderhofも犬OKなんですか?!
子どもの頃、ルードヴィヒ2世のお城めぐりをしました。
インパクト強いノイシュヴァンシュタインと比べておちついたリンダーホフに
なんだかほっとしたのを今でも覚えています^^。
Commented by bbwan at 2006-08-22 06:48
ryu-ma-maさん☆このザルツブルグに泊まっているとき、なぜかひとりぼっちの山羊使いが頭から離れず、それも竜ちゃんの動画での歌声が私の頭には鳴り響いていたのでした、、、、。  ここにきて思ったのは、チェコからドイツもしくはオーストリアにはパスポートコントロールがありますが、ドイツーオーストリア間、イタリアーオーストリア間などは国境はあってもボーダーレスです。 さすがEU。 なので、ドイツでもオーストリアでも隣町にいくというかんじでいったりきたりしやすくて、犬も気軽に連れて歩けていいですね。 私のこのルート、こちらのガイドブックには必ず載っていて道中知り合いにも何度も会いました。 次回はぜひいらしてくださいね。 
Commented by bbwan at 2006-08-22 06:54
kawaiさん☆コメントありがとうございました。 私たちこそ、犬談義ができ、また連絡いただいてうれしいです。 タイから犬連れで引っ越してくる際、航空会社を検討し、ペット輸送に定評のKLMにしましたが、期待以上でした。貨物扱いでしたが、トランジットではお散歩サービスなどもあり、オランダのペット先進国な様を垣間みたような気がします。 機会があったらオランダ行きも検討したいです。もしよかったら メールはタイトル下、bbwan@exblog.jpです。 これからもよろしく。 どんな子がくるか楽しみですね。
Commented by bbwan at 2006-08-22 06:58
schaliママ☆リンダーホフも犬OKなんですよ。 なんだか得した気分です。 北ドイツから南ドイツまで旅行したのですね。 schaliママの子供のころは、旅行といったら西側にーという感じでしょうね。 南ドイツは北のドイツとは違う雰囲気があります。  犬連れも多く、しつけのいい犬ばかりではないとも感じることが多々ありました。 

<< モデル犬  ブルート ドイツアルプスを歩く... >>