つながり その2

パッチワーク通信 no.168号が届きました。

早速
旅 プラハのページをめくりました。 私がキルトと出会ったのがチェコ.プラハ    そのとき習ったヤナ先生がパッチワーク通信に載っています。

今でもはじめての日のことを覚えてます。  
教室はチェコ唯一のキルトの店。 係の方がチェコ語でヤナ先生に「チェコ人ではない方がいるのですが、、、。 」そういって紹介してくれました。   
教室での様子最近こんなことやってます。

チェコ語がわからないときは、英語で説明してくださり、プラハでキルトをするための情報も惜しみなく教えてくれ、また生徒のみなさんもとても暖かく親切にしてくださったことを覚えてます。
(そしてそのあと、ミシンキルトのクラスにはいったのですが、そこではめげることが多く、フェイドアウトしてしまいました。)
チェコ語のシャワーをあびようという不純な動機ではじめたキルトなので、ずっと続けるほどの思い入れもなかったのですが、今夢中で続けているのだから不思議ですね。   
あらためて巡り合わせに感謝です。

ここほれわんわんのキット わんこのカードいれ
キットはなるべく買わないつもりなんですが、犬関係だとつい買ってしまいます。 一つはキットで、もう一つは自分の生地を使いました。   

f0077150_1825559.jpg

[PR]

by bbwan | 2012-04-21 17:03 | 家庭科クラブ | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://bbwan.exblog.jp/tb/17451936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by こっとんふらわぁ at 2012-04-24 09:52 x
こんにちは。
私も先週、P通信が届いたので、今、見直してみました。
ヤーナさんがお二人いらっしゃって、ステボヴァさんかワラウソヴァさんのどっちだろう?
あらためてbbwanさんって国際的なんだなぁと尊敬のまなざし・・・
↓藤田先生のあの本、私も持ってますよ~
Commented by bbwan at 2012-04-24 10:21
こっとんふらわあさん☆見てくださったんですね〜。私の先生は、ステボヴァさんです。ヤナという名前は一般なのです。     
チェコのキルト事情はヤナ先生がおっしゃるとおりで、日本に帰って材料や手法の多彩さに驚いたものです。  
藤田先生の本は、以前からM先生に勧められていたのですけど、ここまで入手困難になるとは思いませんでした。  

<< こだわり つながり >>