<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

チェコ絵本を巡る旅展

東京行きから、2週間が経ちました。
プラハにいくというメンバーがいて、思いを巡らせていたところ、芦屋美術館でチェコ絵本展があるというので、帰阪後関西支部メンバーと美術館でミーティング。

チェコは絵本大国。
以前ブルートといったフルシッチェヨゼフ.ラダの街
f0077150_06574925.jpg

f0077150_06574900.jpg

ロシアの幻の絵本復刻版のコーナーでお土産もゲット。

f0077150_06575002.jpg


チェコの友達から、新たなところに移住すると聞いて少し感慨深いものがありました。
同時にQSのメンバーからも新たなライフスタイルへと再出発するとの決意を聞きました。そういうお年頃なんでしょうかね。

私は何でも一生懸命をモットーにしてまして、仕事も趣味も健康もまだまだ現役で頑張りたいと思ってます。










by bbwan | 2016-07-27 23:09 | キルト | Trackback | Comments(0)  

ブルート その後

土曜日ブルートは動物病院へ。
GIST治療を始めて1週間。 肺のリンパはまだ腫れてはいるようですが、食欲あり、元気いっぱいです。
手術前はものすごい抜け毛と寝ているときにう〜う〜といっていたのが、手術後は毛つやがよく抜け毛も普通、寝言もなくなりました。

ブルートとの普通の暮らしができるのが何よりです。

f0077150_23092871.jpg

f0077150_23092985.jpg

ブルートの命をつなぐ薬

by bbwan | 2016-07-27 19:02 | JRT ブルート | Trackback | Comments(2)  

病理の結果ですが

術後、とっても元気なブルートです。

病理の結果は残念ながら、GIST消化管間質腫瘍という希少な腫瘍でした。
人間にとっても珍しいものだそうで、ましてや犬となったらなおさらでしょうが、幸運なことに、かかりつけの山本先生は腫瘍科認定医で、GISTも数頭診ている実績があり、さらに幸運なことに、特効薬ともいえる薬があることと、その薬は腫瘍細胞のみが持っている部分を狙う分子標的薬で副作用があまりないというもの、そしてジェネリック薬なので経済的にも私達でも続けられるものだということでした。
手術で腫瘍を取り除き、こんなに元気になったブルートです。
f0077150_07542948.jpg

f0077150_07542941.jpg

まだまだブルートのこんな顔ができるように、前向きな気持ちで過ごしていこうと思います。



by bbwan | 2016-07-19 12:00 | JRT ブルート | Trackback | Comments(2)  

久しぶりのミシン

ブルートが退院し、落ち着いたので久しぶりにミシン作業です。

お気に入りの生地で、リバーシブルのバッグ
f0077150_22002258.jpg



リネンのブラウス
f0077150_22002323.jpg


ブラウスは何枚か縫いましたが、このシンプルな形が一番気にいって、3枚目です。

ハンドメイドとは違いますが、気に入るとそればっかりで4個目のヴァネッサブリューノのトート
f0077150_22152838.jpg






by bbwan | 2016-07-13 21:23 | キルト | Trackback | Comments(0)  

七夕の奇跡 無事退院しました

f0077150_22223749.jpg

手術後48時間のブルートです。

術後びっくりの食欲と食べっぷりで、無事退院しました。

家では食事中の飼い主をガン見してプレッシャーをあたえてます。
手術前の元気なブルートに戻りました。

f0077150_22223857.jpg

今回のことは、診断が進められたことの幸運に感謝しています。
その日は7月1日。ブルートの兄犬バーディの命日でした。





by bbwan | 2016-07-08 22:21 | JRT ブルート | Trackback | Comments(10)  

ブルート緊急オペ

元気のないブルート。
なんだかしょぼりんな感じ。
有休だったお父さんが動物病院にいったところ エコーで腹腔内に影がみられ、腸閉塞を起こしているかも。
場所が複雑なので、CTをとることを勧められ、精度の高いCT設備のある他機関にでむきCTを撮って再び主治医の動物病院にもどり入院。翌日手術。

手術で小腸の腫瘍をとり、結合して、とった組織を病理におくり、現在結果待ちです。
夕方、術後の説明とブルートにも会えました。

手術まで、グットタイミングでことが運びお父さんが動いてくれて感謝です。
先生におまかせして、ブルートも頑張ってくれました。 私達も少しはホッとしてます。
f0077150_10033474.jpg



でもブルートのいない家は、寂しい。

by bbwan | 2016-07-02 20:48 | JRT ブルート | Trackback | Comments(2)