<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ウォレット

週末は義父を見舞い、父の前向きな姿勢にうれしくて涙がでそうになりました。
事故直後に比べたら、格段に顔色がよくどこまで回復できるかわかりませんけれど、少しづつですが前にすすんでいるそんな感じです。
ずいぶん心細かっただろう義母にも笑顔が戻ってきたのは義父のポジティブシンキングのおかげかもしれません。
私もそんな義父からやる気をもらいました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
キルターズスタジオで作っていたウォレットを行きの電車のなかで完成させました。

f0077150_2253289.jpg

私用にリバティxキティのコラボの生地をつかいました。 

もう一つは従姉妹用。
f0077150_2253350.jpg

by bbwan | 2012-10-30 22:04 | Trackback | Comments(10)  

義父の入院

大変ご無沙汰しています。
義父が事故にあい、今入院中。
突然で私も何も手につかない状態。
一番ショックなのは義父自身でしょう。 健康にはひと一番気を配っていただけに残念だと思います。どちらかというと義母のほうがいろいろ病院通いが多かったから、義母にとってもつらいようです。義父はとても優しい人で私もできる限り力になれたらと思ってます。

今週末もブルート連れて松本です。

by bbwan | 2012-10-27 16:08 | Trackback | Comments(4)  

iphoneの不都合とブルートのぷっくり

6日土曜日は フィギアスケート Japan Open 2012 3地域対抗戦を見にいきました。
f0077150_8233361.jpg


真央ちゃんも大輔君もすばらしく、夢中で拍手してました。
楽しかった〜とここまではよかった。

突然、iphoneが反応せず、そのまま携帯電話会社に直行すると、 どうにもならないーとの返事。
機種変更をすすめられたが、iphone5は予約して1ヶ月以上待ち。
Appleで修理をしてもらうには、見てもらうにも一日仕事。
携帯電話が使えないってどうよ〜と想像してみるが、不都合にはちがいない。
余ったiphoneにSIMカードを入れ替えてみたらーとも考えたが、現在使用中のSIMカードは互換性がないという。   と、マニュアルみたりウェブサイトをみたり格闘すると 軌跡の復旧    
とはいえ 本調子じゃないみたいで、iphone5に乗り換えを検討しないといけないのかも。
じつは私のMacBookAIrの蝶番部分が欠けてたがが外れた状態。   あれもこれも不都合が生じてます。

そしてブルート君の目の下ぼっこり。 ほうずきの小さいのくらい。
 原因は歯槽膿漏なのですが、2週間、薬を投与して小さくならないので膿をだしました。
歯を抜くとなると全身麻酔なので、とりあえずこれで小さくなればと願ってます。
f0077150_821615.jpg

by bbwan | 2012-10-09 08:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(5)  

フェリーでいく 北海道

北海道を犬を連れて旅行するときの参考になればと思ってます。

 犬を連れて北海道旅行するには、海を渡らないといけませんが、それには2つの方法があります。
 ○ 飛行機でいく。
 ○ 自動車でフェリーでいく。
飛行機の場合、 国内航空会社では犬はすべて貨物扱いになります。
フェリーでいく場合 どの区間をいくかによって時間も、犬の条件もかわってきます。
津軽海峡フェリーでは ドッグルームがあるというのと、青森ー函館間 3時間40分というので妥当な時間だと思い私達は青森からこのフェリーで海を渡ることに決めました。
ただし、ドッグルームに入れる犬には設置されているケージにはいれる大きさの犬に限られます。 
ブルートはOK でした。
一般的にフェリーに乗る場合、部屋のグレードを決めます。  ドッグルームは犬と飼い主が一緒にいれるので、飼い主はスタンダードルーム(相部屋)ということになります。
犬連れの場合、一般車よりも最初に乗船し比較的静かな出入り口近くに駐車することになります。
これは、大型犬などドッグルームにはいれずに駐車した車のなかにいることもあるからだそうで、 いずれにせよドッグルームを予約しなくても犬が自動車に待機することを前もって連絡した場合です。
参考にしたフェリー乗船のレポートです。


往路の ブルードルフィン にはドッグルームの他にプライベートドッグルームと 犬専用のバルコニーもありました。  専用バルコニーを使うのは犬連れのみ。  海からの風にあたり気持ちよかったです。
f0077150_17331956.jpg
  


函館のフェリーターミナルで乗船待ちです。
f0077150_1745261.jpg


復路 の びるご内です。 ドッグルーム内は冷暖房完備で、スタンダードルームにいるよりは快適です。
他の犬もいるので問題がなかったらリードも放してもかまいません。  ドッグルームから人がでるときは、犬はケージにいれます。

 
f0077150_17461872.jpg
f0077150_17471120.jpg

天気がよかったので海がきれいです。
f0077150_17511548.jpg


北海道の宿泊先であった犬連れのなかには、5年くらい毎年飛行機で犬を連れて旅行しているというかたや、
愛知県から苫小牧まで東日本フェリーで犬を連れてきているかたもいました。
ただし、フェリーで名古屋ー苫小牧は48時間。 ドッグルームはないので犬は自動車内に係留です。 ただ、東日本フェリーだと仙台で一度船から降りれるそうで、すでに犬連れ旅2回目だと聞きました。
3時間 40分でも手持ち無沙汰でしたが、48時間はそうとう時間を持て余すようです。 

by bbwan | 2012-10-03 18:07 | 犬旅 | Trackback | Comments(2)