カテゴリ:キルト( 40 )

 

いつだってマイケル

好きなのがマイケル   ジャクソンじゃなくて、布の話。  
マイケルミラーのファブリック。
ほとんどの作品つくりはマイケルミラーのソリッドつかってます。
アメリカから直買いしてたけど、今はありがたいことに中島商店で買えます。
好きな色ばかり注文して、新しい課題もマイケルミラー。 うっとり。
f0077150_158337.jpg


そして、、マイケルガールズの夏祭りが西荻窪砂川直子さんの店sweet flapで開催。
私も初日に行く予定です。

by bbwan | 2014-06-03 15:10 | キルト | Trackback | Comments(2)  

ミシンで課題

土曜日は SQのため上京しました。

こうして東京と大阪をSQのレッスンで通うのも1年になりました。   それにSQに入室してから皆勤賞の私。 パチパチ??
横浜にいたときに比べると、距離がある分、正直なところ気持ちも離れやすいです。  でもなんにもせずに、上京するのはもったいなさすぎ。  なのでそれまでにどれだけテンションをあげて上京するのかが大切で、今回も関西支部メンバーとミーティングしてプレッシャーを掛け合い、のぞみました。

以前藤田先生が、「仕事しながら家事しながらでキルトの時間つくりは大変でしょうけど、レッスンのあとすぐと、レッスン1週間前くらいに課題や宿題ができたら理解や感覚がいいかも』とおっしゃってました。
連休あとは仕事が忙しくて休みがとれず、腱鞘炎もあってね〜と  言い訳てんこ盛りです。

次の課題はミシンでつくろうと思い、  私なりのフリモの勉強と練習をしてみました。
f0077150_1124279.jpg

私のミシンは母から譲ってもらった、「JANOME メモリア」でコンピューターミシンのハシリです。
送り歯を下げるドロップ機能がついていて、ジャノメ専用のダーニングフットをつけたらフリモできます。
f0077150_11242879.jpg

フリモの教科書Angela waltersさんの本、 練習教本 Natalia Bonnerさんの本を参考に練習。
キルトとか手作りに関しては、興味もなかったし無知なのでQSメンバーのみなさんとは技術のうえでも差が歴然なので、とにかくとっかかりは勉強すべしーーというのが信条です。  でもその分、頭でっかちになりがちです。
それを   藤田先生のアドバイス ーー もやもやが晴れました。  フリモのことばっかり考えてましたけれども、作品をつくるうえではフリモは一つの過程でしかないわけです。  やっぱり師匠はすごい。
飛行機の時間に追われながら、スプレーしてキルト芯と三層にして、あっというまにマイクロステッチでバチバチととめてくださり、もう縫うだけに設定。  

そしてもう一人、身近にミシンに詳しい心強い味方(勝手に味方にしちゃってますが)もいて、さてあとはやるだけです。



まずは練習

by bbwan | 2014-05-25 10:08 | キルト | Trackback | Comments(0)  

最悪の上京  めんげんかも

世間では土曜日から大型連休のところもあるようですが、土曜日はQSのため上京。
朝から体調が今ひとつでしたけれど、飛行機にのってから吐き気と頭痛と悪寒で気分悪く、東京に着陸してから移動のあいだも気分は最悪で、そのせいか山手線のチケットをなくしてしまい、無駄な出費。。。。。。

気分の悪さは、先生の興味深い講義と新しい課題に夢中になって午後にはすっかりと落ち着いて、やや胃が重いまま羽田に向かいました。
代々木から、地下鉄大江戸線で大門までいき、そのまま浅草線に乗りかえたら羽田までと朝と違うコース。 いつもはこっちを利用しているのに、朝は体調が悪いうえに、モノレールプラス山手線切符がお得ですーの言葉につられてしまって、結局切符をなくしたから全然お得じゃなかったわけですが。007.gif

4月は誕生月で一つ年をとるわけですが、いままでも4月になると疲れがでたり、体調を崩したり、病院通いがはじまったりといったことがありました。  
私には花粉症やアレルギーはありませんが、春は毒だしの季節だそうです。 さらに、冷えとり健康法をはじめてから、 金曜日ははじめて靴下をはかずに寝てしまいましたが、途中悪寒がして目が覚め靴下をはきました。きっと冷えてしまったのでしょうね。  
あらためて冷えとり健康法の本を読んだら、腱鞘炎やバネ指も肝臓からの毒だしだそうです。
足下のあたためと、食べ過ぎに気をつけます。

さて週末からの連休後半は、 四国を旅します。
香川でうどん、高知でかつお、そして鳴門でうずしおをみてきます。高知では、QSのメンバーさんに会えたらいいな。

by bbwan | 2014-04-28 21:28 | キルト | Trackback | Comments(0)  

見えてきた作品づくり

先週恒例の箕面の滝へ

箕面の滝はもみじでも有名です。  水と緑で癒しの場所。
f0077150_814849.jpg

偶然会った、知り合いと滝の前で再会を誓いながら歩いていくと、 こんなかたも滝まで散歩してました。
よくわからないけれど、この子日本にはいない種類なんだそうです。 
f0077150_8142877.jpg


前に大阪で買ったオーストラリアンベル。  度重なる引っ越しで花が咲かない年もあり心配しましたが、今年も可愛いベルを咲かせてくれました。 
f0077150_8134235.jpg



今週末はキルターズスタジオで上京。  
11月の作品展へむけての作品づくりがまず一番。
オリジナルなデザインなんて私には無理だと何度も挫折しかけた。 
アイデアはあるのだけれどそれが布で表現できず、先生からもだめだし。   
弱音の私に   
ーーーー自分が何をやりたいのかわからなかったら先生も指導はできないよ と先輩の言葉
アイデアはあって不可能でしかない自分の力量も知った。
引っ越しでテンションもがくーんと下がり、フェイドアウトしかけたけれど、 理解してくれる家族と、上京をサポートしてくれる友人がいて、仲間がいて。

ーーー そして やっと見えてきた。   でもまだ完成までは道のりは長く、、、、
教室の皆さんとの合い言葉が  がんばろう から やるしかない  Yes I can. となり。
ここまでご指導してくださった先生に感謝感謝ですが、毎回居残りにおつきあいしてくださる先生の顔にも かなりの疲労 042.gif

今週は日本手芸普及協会の課題  ダブルウェディングリング
f0077150_941164.jpg

by bbwan | 2013-06-23 09:37 | キルト | Trackback | Comments(4)  

マイケルミラーの ギンガムとドット 

マイケルミラーのギンガムチェックとドット
f0077150_89401.jpg
  
ソリッドカラーからはじまったマイケルミラーのマイブームはさらにギンガムとドット柄にまでに。
(1ドル=80円のときのお買い物でよかった)

今日、月1回のキルターズスタジオのレッスンのため、引っ越し後はじめての上京です。
引っ越し前後、残念だけど続けるのは無理かもと思ってた。  
最後まで、キルト関連の箱は手つかずのままで。
でも開梱して この布を見たら、やっぱりまだやめたくない。   ハッピートーンなドット&ギンガム
Ahoj=こんにちは (チェコ語) 

by bbwan | 2013-04-26 08:14 | キルト | Trackback | Comments(8)  

デザインの入り口

22日は藤田ゼミがあるので、仕事を休み、そのまま
ゼミの前に 前からいきたかった東京ミッドタウン21-21デザインサイトへ。
f0077150_200741.jpg


クリエイティブな日常とは無縁な私でも、感性というのはいろんなものを見て読んで体験して磨かれるという藤田先生。
藤田ゼミでグラフィックの視点で考える、シンプルキルト(ミシンキルト)の色彩と構成を学びます。
配色やカラーチップを使った演習もあり宿題も。 毎回私自身はいっぱいいっぱいの参加。
それなのに、ひとときのアートな時間はなぜか心地よく感じている私がいます。 

秋は人を芸術家にさせるのかも。

 東京ミッドタウンでみつけたこんなもの。 
f0077150_22202185.jpg


サンタクロースのツリー
f0077150_22202113.jpg

秋は犬も哲学者にさせるか? 
f0077150_22115020.jpg

by bbwan | 2012-11-23 19:53 | キルト | Trackback | Comments(4)  

やっとできたコレットちゃんと他作品

なんとかすべてのパーツができました。 あとは小物をつけて、 トップをつなげるところまで。
ラティスもボーダーも決まりました。
f0077150_20501448.jpg



キルターズスタジオでの課題 アルファベットです。  長方体とでもいうんでしょうか?   アルファベットをデザインして布で表すと意外な発見があります。 横に分割された  E とか Fとか今ひとつな感じ。
f0077150_20503084.jpg

ヨーヨーキルト
f0077150_20462729.jpg

by bbwan | 2012-07-24 21:02 | キルト | Trackback | Comments(4)  

本日のお言葉

連休第一日目28日は  キルターズスタジオへ。

針糸はさみなどの道具/グラフ用紙/文房具/そして使いたい布など一式をこのバックにいれました。
  
f0077150_016458.jpg

ミュンヘンで見つけたブルートもはいる大きさのバック。何でもはいるので、今日も重さで肩にずっしり。 家に帰る頃には筋肉痛のような痛みです。
それにこのバックを肩からかけて歩く姿をふとガラス越しにみたら、まるで行商のおばさんのようでした。
Σq|゚Д゚|p ワオォ

さて今日のレッスンで私の胸にずっしりきた言葉 は
 「アジで勝負をするのはプロでない。 」    作ったもにアジがあるというのは逃げ口上。。。。。   by 中島一恵さん        coooool!すぎるぜ 
中島先輩のひとりごとブログNにはさらにしびれる言葉がいっぱいです。
たとえば、『 この腹に贅肉がついているときは、いい作品作りはできない』      はい、自己管理できない私には耳が痛い。  

藤田先生と中島さんとのやりとりは なんかまるで禅問答のようで、 先生の言葉に 「わかった。 見えました。」って。  めっちゃかっこよくって、男前ですわ。 
藤田先生曰く 「しっかり学んでいる中島さんは禅問答ができる人だと思う。 」   

私の場合はしつこくしつこく先生にアドバイスを求めるのみ。
アルファベットをつかって小物づくり をしてますが、 安易に3つのらくーな小文字アルファベットを選んで配色ベースの赤い水玉リネンに、オン 水玉。    ビフォー
f0077150_0163931.jpg


それが、水玉ベースなら、手持ちの発色きれいなマイケルミュラーの無地から選んで  アフター
f0077150_017619.jpg

by bbwan | 2012-04-29 00:24 | キルト | Trackback | Comments(0)  

四角でピンクション

四角でピンクション
配色してたら、こんな感じあんな感じでいくつもできました。
f0077150_13502778.jpg

このなかから、どれかをプラハの友達に送ろうと思ったら、今郵便事情がよくないみたい。 海外からの荷物が確実に問題なく手元に届くのかわからないそうです。

暇にしていると、かまってほしくてよってくるブルート君。
いたずらしました。
f0077150_13502759.jpg

by bbwan | 2012-03-05 13:49 | キルト | Trackback | Comments(12)  

キルトジャパンフェスタ ワークショップ参加♬

今日23日はキルトジャパン25周年記念企画 キルトジャパフェスタが開催でした。
そして 「たっぷりワークショップ:藤田久美子先生」のレッスンを受けてきました。 実は横浜でもレッスンしたいなと思い、藤田久美子先生の教室に申し込み、現在空き待ち。  それで、藤田先生からこのワークショップの参加を勧められました。  
  藤田先生の教室の申し込みについては、大阪で私が信奉していたmikaりん先生が背中をおしてくれました。
関東圏にいるからこそ、こういう機会があるのだからと。   

  今日のレッスンも私のような初心者の域のものだと ちょっと気後れするような、 ブログなどでもみかけるベテランキルターさんたちに混じって  オリジナルキャラクターを作ろうというデザインのお勉強。   
グラフィックデザイナーだった藤田先生の講義は時間が足りないくらい濃密な内容で、私でもオリジナルキャラクター2つもデザインしてしまいました。     型紙をつくって、布で配色まで。
f0077150_21295013.jpg


それにしても藤田先生、生徒をアゲるの上手。
まだパターンを学習中の私でも、ちょっとしたこともほめられてその気になってしまう。
一つのパターンでいろんなバリエーションもできるんですね。
 
f0077150_21312310.jpg

f0077150_21313819.jpg

by bbwan | 2011-10-23 20:22 | キルト | Trackback | Comments(10)