カテゴリ:JRT ブルート( 63 )

 

ブルート 虹の橋へ

11月14日 午後7時50分 ブルート 13歳2カ月6日虹の橋を渡りました。

土曜日、日曜日 好きなところに連れてゆき、月曜日仕事から帰宅する私たちを待っていてくれました。大好きなお父さんと大好きな散歩にいき公園でオシッコして、そのまま脱力し家に帰ってきたときはもう息していませんでした。
再発がわかってから1カ月肝臓癌と戦ってきましたが、力つきました。
タイ-バンコクで出会い、チェコ-プラハ、大阪、横浜そして再び大阪箕面と一緒に歩き思い出もいっぱい、最高の犬でした。
f0077150_19190718.jpg

なくなる朝、無理やり流動食をながしこんでも吐いてしまい、もう食べ物を受け付けなくなっていました。
なぜかこの袋に入っていたのは、連れていってほしかったのかなと思いながら後ろ髪を引かれる思いで仕事にいき、帰ったときは自分のベッドにちょこんと座っていたので嬉しかったとともにまだまだいけると思っていたので残念です。






by bbwan | 2016-11-14 21:42 | JRT ブルート | Trackback | Comments(15)  

頑張り屋さん

ブルートは生命を維持するギリギリまでひどくなった貧血。
週末、動物病院で造血剤を注射してぐったりの週末が続いています。
すきなところに連れて行って、好きなものを食べさせてあげてください。

獣医さんからそういわれていよいよダメかもと仕事を休んで見守っていたら、むくっと起きて、おやつをパクパク。玄関のチャイムにワンワンと吠えて玄関前に走って行って、飼い主ビックリ。
そんな1週間がすぎ、またぐったりの週末がきて、貧血がかなりひどくなり、歩いたり、おやつを食べたりできるのが不思議な状態なのだそうです。

ブルート、頑張り屋さんです。
飼い主を悲しませないように渾身の力で犬生を全うしようとしているのでしょう。
ブルートのうちのこ記念日まであと少し。
f0077150_11144943.jpg

f0077150_20531822.jpg

里山散歩

by bbwan | 2016-11-12 10:52 | JRT ブルート | Trackback | Comments(3)  

大好きな場所へ 


ブルート君、頑張ってる毎日です。 
緩和ケアのおかげで、寝ることはできますが、何しろ食欲がないので、貧血がひどく造血剤でなんとか保っている状態。 歯茎も白く、体重も9キロから7.5キロまで減ってしまいました。
お父さんのスペシャルフード(流動食)を針なし注射器で少しづつ口に含ませてやっと一日60mlの食事。
家ではほとんど寝ているか、ぼーっとしているだけで、平日の楽しみは芝生広場で散歩だけ。

なのでお天気のいい休日はブルートの好きな場所に行こうと、森に行ってみたら、ブルート大興奮。
f0077150_22265117.jpg
f0077150_22273760.jpg
森でも、ほとんど寝ているだけなのに、気分がいいのか、ちょっと遊んでみたり。
そして帰りたくないと抵抗し、脱走までして、自動車に乗ることを拒否。

     家に帰ると、食欲が出るのか、自らおやつやソーセージを食べたりして。
     なので休日できる限りはブルートと森に行きます。 好きな場所は元気の源になるのですね。
f0077150_22364869.jpg
強制退去








by bbwan | 2016-10-30 11:23 | JRT ブルート | Trackback | Comments(0)  

ブルート #病気に負けない

f0077150_19021387.jpg

治療中のブルートですが、食欲がおち抜け毛が増え、手術前の様子に近いものがありひょっとして再発かと週末動物病院に行きました。


ブルート GIST(消化器官間腫瘍)の治療で劇的な効果が見られた特効薬イマニチブでしたが、体に耐性ができて、癌を抑えることができず、肝臓に転移 かなり大きな腫瘍となり、出血も始まり貧血も進んでいる模様。
小腸に発生したGISTの術後再発するのが29%と言われていましたが、再発した犬の生存期間は32日

先生の説明にオットもわたしも呆然  それなのにブルート、病院では猫に大興奮する元気さ。 
ところが次の抗がん剤治療が始まると副作用でぐったりです。

1日でも一緒にいたいと願うばかりです。






by bbwan | 2016-10-09 19:04 | JRT ブルート | Trackback | Comments(3)  

チーンの練習

ほぼ日のアプリ
ドコノコで ドラマー犬を目指しているななちゃん。
その仔を師匠に、糸井さんのブイヨンちゃんも呼び鈴をチーンとならす練習を始めた模様







ブルートもはじめて見ました。
f0077150_14231440.jpg
lチーンの練習は飼い主がチーンチーンとあつくなる模様。できたら、すごいね、偉いね、いい子だねの連呼。 師匠ななちゃんはシンバルもシャ〜んとすごいのです。
老犬ブルートにも可能性はまだまだある。

by bbwan | 2016-10-08 15:22 | JRT ブルート | Trackback | Comments(0)  

ドコノコに夢中 ブルート13歳

ブルートのGIST治療が始まって、糸井さんのほぼ日新聞のアプリ ドコノコを始めました。
ペットのInstagramみたいなものです。
世の中には、こんなにも可愛い犬猫がいるもんだと(犬バカな飼い主はウチの子ほどの可愛い子はそうはいないと思っていたが)夢中で見てます。
これ以上SNSは必要ないと思っていましたがもうダメ。気がつけばドコノコです。

術後2カ月たち、健康診断の結果も問題なく、治療が続いています。
そして9月8日 ブルート13歳の誕生日を迎えました。
f0077150_19180906.jpg

8日はいつもと変わらない1日でしたが、週末お父さんがハイキングに連れていってくれ、前のように散歩ができることがうれしいです。

by bbwan | 2016-09-06 21:55 | JRT ブルート | Trackback | Comments(6)  

ブルート 復活

土曜日 動物病院で検査の日。
GIST(消化器系腫瘍)の抗ガン剤治療中です。
今日は懸念していた肺リンパの腫れをチェック。 腫れがひけて消えてました。
薬がきいてくれて嬉しいです。
術後はものすごい食欲で、散歩大好きなブルートに復活です。

f0077150_13295971.jpg





by bbwan | 2016-08-07 10:38 | JRT ブルート | Trackback | Comments(4)  

ブルート その後

土曜日ブルートは動物病院へ。
GIST治療を始めて1週間。 肺のリンパはまだ腫れてはいるようですが、食欲あり、元気いっぱいです。
手術前はものすごい抜け毛と寝ているときにう〜う〜といっていたのが、手術後は毛つやがよく抜け毛も普通、寝言もなくなりました。

ブルートとの普通の暮らしができるのが何よりです。

f0077150_23092871.jpg

f0077150_23092985.jpg

ブルートの命をつなぐ薬

by bbwan | 2016-07-27 19:02 | JRT ブルート | Trackback | Comments(2)  

病理の結果ですが

術後、とっても元気なブルートです。

病理の結果は残念ながら、GIST消化管間質腫瘍という希少な腫瘍でした。
人間にとっても珍しいものだそうで、ましてや犬となったらなおさらでしょうが、幸運なことに、かかりつけの山本先生は腫瘍科認定医で、GISTも数頭診ている実績があり、さらに幸運なことに、特効薬ともいえる薬があることと、その薬は腫瘍細胞のみが持っている部分を狙う分子標的薬で副作用があまりないというもの、そしてジェネリック薬なので経済的にも私達でも続けられるものだということでした。
手術で腫瘍を取り除き、こんなに元気になったブルートです。
f0077150_07542948.jpg

f0077150_07542941.jpg

まだまだブルートのこんな顔ができるように、前向きな気持ちで過ごしていこうと思います。



by bbwan | 2016-07-19 12:00 | JRT ブルート | Trackback | Comments(2)  

七夕の奇跡 無事退院しました

f0077150_22223749.jpg

手術後48時間のブルートです。

術後びっくりの食欲と食べっぷりで、無事退院しました。

家では食事中の飼い主をガン見してプレッシャーをあたえてます。
手術前の元気なブルートに戻りました。

f0077150_22223857.jpg

今回のことは、診断が進められたことの幸運に感謝しています。
その日は7月1日。ブルートの兄犬バーディの命日でした。





by bbwan | 2016-07-08 22:21 | JRT ブルート | Trackback | Comments(10)