お気に入りの猫キャラ探し 

私の永遠のアイドル キティちゃん。

だからじゃないけど、ネコ キャラクター 好きなんですが、チェコでもお気に入りの猫キャラが2つ。

この猫キャラのヨーグルト 我が家では欠かせない1品で、もちろんブルートもお気に入り。ふたを開けるとおこぼれをもらおうとすっとんできます。
毎年このキャラのグッズが当たる懸賞があり、毎年応募してます。ふたを30枚集めて送ると、この猫キャラの食器セットが当たるというもの。 当たればいいな〜 
f0077150_4131625.jpg


もう一つの猫キャラ
チェコを代表する絵本作家で画家の ヨゼフ.ラダJosef Rada  
チェコの風物詩を描く絵がカレンダーでよく見られますが、彼の代表作の
黒猫ミケシュ
f0077150_1445132.jpg


黒猫ミケシュの靴をはいての冒険。
f0077150_1464590.jpg
 
そんな舞台になるのは、ヨゼフ.ラダの生まれた村フルシッチェHrusice
先週ブルートと列車にのっていってきました。

駅をでて、目の前に見えたホスポダ(チェコ居酒屋)でとりあえずのどのかわきをビールで潤し、ご機嫌な私。 

ちょっと気を許したすきにブルート
黒猫ミケシュを見つけたようで走り去ってしまいました @@: 042.gif


村中にひびくような大声でブルートの名前を呼び続け、どこからか走ってきたブルートを友達がキャッチしてくれて ホッ まったくしゃれになりません。

そんな騒動のあと、村の中心を目指して、駅からてくてく歩くこと20分くらい、丘の上にみえる教会が目印です。
村の入り口にはこんなサイン 
f0077150_1481093.jpg

フルシッチェはまさにヨゼフラダの絵本の世界そのものです。 
f0077150_1483996.jpg村のシンボル 教会
f0077150_149134.jpg
f0077150_14561274.jpg


ヨゼフラダの家は現在修復中。その家の前にあったこんなユーモアのあるサイン f0077150_14335325.jpg ヨゼフラダの実家は靴屋で、この地下が靴屋さんだったとのこと。  黒猫ミケシュは今ミルクのところだって



f0077150_1491817.jpg
ホスポダ(チェコ居酒屋) の壁にもヨゼフラダのイラストが

のどかな村を歩いていると、ラダの絵にでてくるたくさんの動物に遭遇します。

村の人たちもとても親切で、ほんわかした気持ちでプラハに帰りました。

道中の列車のなかで通路反対側の座席に座った、おかあさんと10歳くらいのちょっとハンディのある男の子。なぜかブルート君は、その男の子の傍らにぴったり座って彼になでられてうっとり。男の子もうれしくて、おかあさんにたくさん報告していました。列車から降りるときも何度も ナスフレダホ(さよなら)アホイ(じゃあ)と挨拶してくれて、とっても幸せな気分になりました。
これはブルートに感謝しないとね。 

by bbwan | 2008-09-07 02:48 | 犬旅 | Trackback | Comments(18)  

トラックバックURL : http://bbwan.exblog.jp/tb/9003822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chibininn at 2008-09-07 16:29
ムーさん、わんこ(JRT)フィギュアを集めているのかと思ってました。この村は、とってものどかなところですね。道路の感じ(部分的にあるガードレールのせいかな?)が、ちょっと日本っぽく見えます。

電車の中の出会い、いいですね。光景が想像できて、にこにこしちゃいます。ブルートくんはわかるんだよね、人間の美しさは表に出てこない、深いところにあるってことが。
Commented by ヒロ at 2008-09-07 17:06 x
ウチのノーティもネコちゃん見ると追いかけたくなるみたい・・・テリアは
ネコちゃん好きなのかしら?? 
ママをびっくりさせちゃったブルートくん、でも帰りは小さなお友達を
つくってママに幸せな気分をプレゼントしてくれたんですね^^
Commented by arc1017 at 2008-09-07 21:31
犬好きやけど、猫キャラ好きですか。
もしかして、キャラだけじゃなくて、猫も好きなん?
絵本の中の街を見に行くなんて、ムーさんらしいアクティブな行動だわ。
ブルートの追いかけた黒猫くんも、靴、履いてました?^^
Commented by bbwan at 2008-09-08 03:36 x
chibininさん☆わんこ(JRT)フィギアも似ているからといただいたり、なんとなく集まっていますが、キャラクターでいったら猫ですよ。
この村は日本の田舎にいていますね。 

こんなふうに列車にのって出会いがあるのもブルートのおかげです。 猫をおっかけたときは、頭のなかが真っ白になったけど。
Commented by bbwan at 2008-09-08 03:43 x
ヒロさん☆テリア系は猫見るとおっかけますよね。 気になってしかたないみたいです。 コマンドが聞こえなくなってしまうから、困ったものです。 こんなことがあっても、シアワセをわけてくれるからたまりません。 ^^
Commented by bbwan at 2008-09-08 03:50 x
arc1017さん☆私はもともと猫派です。 キャラクターも猫好き。
ヨーロッパは猫のキャラクター多いですよね。
気がついたときは、ぷゆーっと走っていったので、実のところ何を追っかけていたのかはわかりませんでした。 そして突然どこからか走ってでてきたときには猫らしいものはいなかったのですが、ぐいぐいとリードを引っ張っていった先には庭に黒猫がいました。 残念ながら靴ははいてませんでした ^ ^>
Commented by cookysr at 2008-09-08 12:19
ご無沙汰です。
心が洗われちゃいました。
いいなぁ!!
またポストカードにしちぁおっと(*^_^*)
ブルートちん きっと 素敵な何かにひきよせられたのかも。。(^・^)
Commented by sawatans at 2008-09-08 15:00
ヨゼフラダの黒猫とても可愛らしいですね。
絵もとても優しくて、“ほんわかした気持ち”になるってわかるなあ。

日本でも買えるかなあ。
ちょっと探してみます。

それに、少年の傍に寄り添っているブルート君の話を読んで、
ジーンとしてしまいました。
優しいんですね。

とても素敵な話でした。
Commented by noraママ at 2008-09-09 02:44 x
このイラスト、超可愛いね~~~。素朴な街にまたぴったり!
それにしても、bbwanさん、海外で懸賞に応募するなんて
すごい意気込み~! Good Luck!!
Commented by bbwan at 2008-09-09 03:11
cookysrさん☆お久しぶりです。全くご無沙汰してます。 チェコの田舎には変わらない日常と景色があるので、書かれた絵本の世界そのまま残っているのでしょうね。 すみちんの具合はいかがですか?
またそちらにも伺います。
Commented by bbwan at 2008-09-09 03:16
sawatansさん☆日本でもヨゼフラダが好きな人は多いようで、日本語に訳されているようですよ。 
ブルートと男の子 は我が犬ながらぎゅーっと抱きしめたくなるような幸せな光景でした。 
Commented by bbwan at 2008-09-09 03:24
noraママさん☆すっごい田舎だけどとっても可愛い街で、そのうえ村の人もとっても親切でした。
noraママさん、知らなかった?バンコクにいたときも懸賞に応募してたのよ。
Commented by nmariomama at 2008-09-10 19:48
猫グッズいいですね。
こっちはそういうものが全然なくてつまりません。
ワンよりもニャンのほうがアートになりやすいって気が・・・
黒猫ミケシュ、いかにも東欧のアニメという雰囲気、素朴な感じがいいですね。
チェコは映画のアニメ作品でも有名なんでしょう?

可愛い村^^
ここでムーさんが大声でブルートくんを呼んでる姿、ちょっと映画になりそうじゃないですかへへ
ぶらぶら犬連れでこんな所をのんびり歩いてみたいです。
Commented by kazinvic at 2008-09-10 20:58
とてもかわいい村ですね。赤い屋根と白い壁が、いかにもヨーロッパて感じです。
ミケシュのように、ブルート君も、ちょっと冒険してみたくなっちゃったのかな。
こんな素適な村を、ブルート君と一緒にのんびりとお散歩。
良かったですね。リフレッシュできましたか?
そうそう、かわいい猫キャラの懸賞が当たりますように、お祈りしています。
Commented by at 2008-09-11 16:25 x
フシチェ(HRUSICE、)懐かしいですね。
と言っても今年の2月ですから、記憶が鮮明に残っています。

昨年末からプラハで開催された、ヨゼフ・ラダの没後50年の回顧展を見た翌日、フルシチェの記念館やホスポダを訪ねました。
村の近くを高速道路が通っていることを除けば、ラダのキャラクターが
今にも出てきそうなのんびりとした村でした。

記念館はチェコ語オンリーのガイドツアーのようで、私が日本人であることを察した受付の女性からワープロの日本語ガイド(A4で5枚)を渡されました。

館内は展示用に改装されたため、ラダの住んだ当時の雰囲気は残されていませんが、ラダの遺品やイラスト、挿絵を担当した書籍、そして同じく挿絵画家となった娘さん(アレナ・ラドヴァ)の作品が展示されていました。
Commented by bbwan at 2008-09-13 06:05
mariomamaさん☆そうなんですか? そういうのないのは寂しいですね。 チェコはアニメや児童書が有名で、本屋で見ているだけでも楽しいです。 

何にもないけれど、可愛い村なんですよ。 犬と一緒にぶらぶら歩きは楽しいですね。 またいきたくなります。
Commented by bbwan at 2008-09-13 06:07
kazinvicさん☆知らないところで冒険されたらたまりませんが、戻ってきてくれてホッとしました。 こういうところを散歩するだけで、気分リフレッシュできますね。 人とのふれあいもいいです。
Commented by bbwan at 2008-09-13 06:10
潤さん☆さすがですね、すでにいかれているんですね。 記念館はもちろんチェコ語オンリーなんですが、ラーダファンの日本人がわざわざ日本からきて訪れていると聞きました。 ほんと村の近くの高速がちょっと残念に感じますね。 

<< ブルート 5歳の誕生日 旅の話 アルザスの犬 >>