プラハ散策 その3 ルネッサンス様式

神のためから世俗の民のためのものへの建築へとかわり、交易で力をもった商人達が、ヴィラや庭園に新しい建築をとりいれだしたルネッサンス。
イタリアではじまったこの建築の流れは、14世紀プラハにも見られるようになりました。
プラハ城城下小地区に見られる貴族達の館  ベリコフスキー宮殿 スグラフィット模様とよばれる掻く絵の装飾が見られる張り出し窓  
f0077150_4242454.gif

そのならびにある、スミジツキー宮殿 建物の両側に張り出し窓をもつ裕福な貴族のもの。 
f0077150_424535.gif

プラハで一番美しい宮殿といわれるシュワルツウェンベルク宮殿15世紀に建てられたこの宮殿、屋根の切妻といい、スグラフィット技法といい、まさしくルネッサンス様式 プラハ城正門前のフラッチャニー広場にあります。
f0077150_4251660.gif

お城の北門側にはルネッサンス建築としてはアルプス以北一美しい ベルツエレーデ宮殿がありますが、現在修復中のため、写真を見せられないのが残念です.

2頭の金の熊の家旧市街広場近くにあるこの家、何気ないところにありました。普段は気がつかずに通りすぎてしまうところです。 
f0077150_4254656.gif

これは家の近くのホテル 16世紀の建物ではないですが、ルネッサンス様式に建てたと思われます。
f0077150_42693.gif


帰路の途中、川沿いの道からふっと見上げる対岸の建物に夕日があたってとてもきれいです。 あらためてプラハ きれいな街です。

by bbwan | 2006-10-17 04:23 | プラハ | Trackback | Comments(16)  

トラックバックURL : http://bbwan.exblog.jp/tb/3600585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ballade4fmoll at 2006-10-26 04:22
うわあ~、今回もきれいですね~♪
こうやって様式毎にまとめて下さるとものすごくわかりやすいし勉強になります。
プラハは建物がきれいに修復されていて、お散歩するのがとても楽しそうです。
Commented by sawatans at 2006-10-26 13:07
ゴシック建築の次は、ルネッサンス建築ですね。建築史の授業のようです。ルネッサンスでも、北イタリアのものとは一味違うような気がします。詳しく研究してみようかな?地震が無いっていいですね。
Commented by momozaruu at 2006-10-26 21:26
ご無沙汰です〜。
本当に、ステキな建物ばかりですね。
それもきちんと残っている事が素晴しい。
ここも古くいいものはあるのですが、
ドンドンそれに似合わない高層ビルも増えて来て
街全体のよさが半減して来てます。
Commented by COCOママ at 2006-10-27 13:24 x
ホントにきれいだ!
アジアとはまったく違うね。
そんな景色をカメラに収め、また、その気になればいつでも肉眼で見れるムーさんの
環境、とてもうらやましいです。
そんな美しい景色とは裏腹に、ムーさんなりの悩みもあるのかもしれないですけど。。。
また、未知の国、遠いヨーロッパの中のプラハという街を身近に感じられる私たちって
とってもラッキーだと思います。

ムーさんが何れ日本に戻り、どんな目で日本を見つめるのか、想像しただけでも
楽しくなってきます。
Commented by mwakao at 2006-10-27 22:50
ほんとに素敵な写真ばかりです。
それが実生活の中で見られるなんて、羨ましい限りです。
プラハの街角に、ムーさんが似合うのかもしれませんね。
でも、寒そうだよぉ~~~
Commented by ヒロ at 2006-10-28 01:18 x
本当に素敵な街並みですね~
あまりの美しさに口をぽかーんと開けたまま拝見しておりました。。。
こんな素敵な街角を散策できるなんて羨ましい限りです^^
せめて空想でジャック&ノーティと散策してみようと思います^^;
Commented by bbwan at 2006-10-28 02:55
balladeさん☆これらの建物は、当時のままなんですよ。何気に街にある建物はその当時のまま残っているので、それでとても興味をもったのです。プラハはまるで建築の博物館です。
Commented by bbwan at 2006-10-28 02:56
sawatanさん☆建築の専門家がみたら、いろいろとわかるでしょうね。 これから、バロックへと様式がかわりますが、バロックもドイツ、中欧、ウクライナ、そしてロシアとそれぞれ特徴があるようです。 
Commented by bbwan at 2006-10-28 02:59
momozaru さん☆プラハは新しいものはあまりなく、古い物がうまくそのまま残っているのはすばらしいですね。 街が発展するには新しいもの、便利なものも必要ですが、その新しいものもとても斬新なので、古い街にあっています。 そんなプラハの街を紹介できたらいいなと思います。
Commented by bbwan at 2006-10-28 03:02
cocoさん☆アジアはどんどん街が発展していく勢いが感じますね〜。でも今思うと、タイの寺院や仏教美術をもっと勉強しておくのだったと思います。 なので、今悔いのないようにこの国のことを学んでおこうと思っています。 
Commented by bbwan at 2006-10-28 03:04
mwakaoさん☆アジア人には似合うようには思いませんが、せめて知識をもってもいいでしょう。 普通に待ち歩きがとても楽しく興味対象がどんどん広がっています。 
Commented by bbwan at 2006-10-28 03:06
ヒロさん☆ジャック&ノーティだったら、この景色にぴったりです。 公園で、ジャックと同じ犬種に会いました。 また、スタフォードブルテリア&ノーフォークのコンビに会います。
Commented by nmariomama at 2006-10-29 06:19
14世紀にルネッサンスの流れがプラハまで・・・
あー、だめです。もう一度西洋史をやり直さなければ^^;
でも、そんな机上のことは置いておいて、現物をしっかりと見るのも大切ですね。
ルネッサンスの偉大さを実感できる建物ばかり、凄いなあ。
スミヅツキー宮殿が印象的。プラハの街に合いそうな・・・
ここらの建物も、お散歩がてらに見れちゃうのですか。
そうだとしたら、いいなあ、やっぱりヨーロッパは・・・^^
Commented by ryu_ma_ma at 2006-10-30 09:48 x
身近にあるサンフランシスコの町並みや郊外の町も、、、
もともと本国を離れて移住した人たちが
慣れ親しんだ母国の様式を取り入れていることが多く
古くから栄えていた地区では軒並み他国?を感じます。
ドイツの田舎風の隣の家はスペイン風
その隣はビクトリアで向かいは和風、、、、、
オーナーが変っても内装は最新に変えるとしても
外装を変えないで100年以上の家が多いのです。

そしてこうしてプラハの町などの写真を見ると
ドキッとすることが多いのです。
どこかで見た屋根、どこかで見た壁の細工
どこかで見た色彩の組み合わせ
最初の持ち主のルーツ、
歴史がふわーっと浮かんでくるような気がします。

ムーさんの写真で、ちょっと興奮、
サンマテオに戻ってから、真っ先に
お散歩がてら向かいたいお宅があります。

Commented by bbwan at 2006-11-02 05:52
mariomamaさん☆プラハでルネッサンスはそう多くはありませんが、やはり多少の影響はありますね。 住居にはネオルネッサンスは多いですが、これらはルネッサン時のものそのままです。 ただ、こちらではバロックのものがとても多いのです。 
Commented by bbwan at 2006-11-02 05:53
ryu-ma-maさん☆時代の流れはいろいろなところに影響を与えていますね。 これらの装飾も技術の進歩がもたらしたもののようです。 その後プラハもバロック全盛期を迎えます。 

<< 何かご不満でも? プラハ散策 その2 ゴシック建築 >>