冷えとり めんげん 私の場合

冷えとり初めて4年ほどになります。
靴下の重ね履き 4足、半身浴、食事はよく噛んで腹八分目 とこの冷えとりを実践することで身体のなかの毒素を排除して健康な体に戻し本来ある自然治癒力を高めていくのですが、この排除がめんげんといわれる好転反応。
今まで、爪がはがれたり、湿疹、かゆみ、下痢、吐き気、腱鞘炎などもめんげんだそうですが、さらなるめんげんを体感しました。

それはというと、
体育の日の連休前、金曜日の晩から体がだるく、夕食後、半身浴しても足元が冷える感じがして、湯たんぽ入れて、寝ました。次の朝、目が覚めてもガタガタと震えるほど悪寒がして、朝から半身浴1時間。 それからとにかく靴下も6枚ほど、レギンスも2枚、レッグウォーマーまではいてもまだ寒く、湯たんぽ入れて温めて1日寝てました。
何も口にせず、寝ていて、夕方になって身体がポカポカしてきました。 やっと起き上がることができ、夫の食事を作り私は食べずにまた寝ました。

翌朝はスッキリと目覚めました。ツキがとれたみたいにとにかくスッキリ。 新しい朝がきたと実感する感じです。
実家からの新米のお粥からはじまった朝、不調の胃腸もリセットされて、食べすぎず、腹八分目、よく噛んでを念じながらとても美味しく感じた食事ができました。

by bbwan | 2015-10-13 23:22 | 体育会系主婦 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://bbwan.exblog.jp/tb/24568424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ベルニナアカデミー 練習はquilt as you... >>