寂しい毎日

ブルートがなくなって2週間たちましたがブルートがいない生活に慣れません。
コメントにも返事ができずすみません。

f0077150_13153774.jpg

ブルートに可愛いお花をいただきました。
こんなに賑やかなのに寂しくて寂しくて。

仕事帰りは夫と待ち合わせ。 京都まで足をのばして夜間紅葉を見にいっても、一緒に歩いた道のりを思い出してしまう。
ブルートと一緒に歩くのは楽しかった。

# by bbwan | 2016-11-28 13:01 | Trackback | Comments(1)  

ブルート 虹の橋へ

11月14日 午後7時50分 ブルート 13歳2カ月6日虹の橋を渡りました。

土曜日、日曜日 好きなところに連れてゆき、月曜日仕事から帰宅する私たちを待っていてくれました。大好きなお父さんと大好きな散歩にいき公園でオシッコして、そのまま脱力し家に帰ってきたときはもう息していませんでした。
再発がわかってから1カ月肝臓癌と戦ってきましたが、力つきました。
タイ-バンコクで出会い、チェコ-プラハ、大阪、横浜そして再び大阪箕面と一緒に歩き思い出もいっぱい、最高の犬でした。
f0077150_19190718.jpg

なくなる朝、無理やり流動食をながしこんでも吐いてしまい、もう食べ物を受け付けなくなっていました。
なぜかこの袋に入っていたのは、連れていってほしかったのかなと思いながら後ろ髪を引かれる思いで仕事にいき、帰ったときは自分のベッドにちょこんと座っていたので嬉しかったとともにまだまだいけると思っていたので残念です。






# by bbwan | 2016-11-14 21:42 | JRT ブルート | Trackback | Comments(13)  

頑張り屋さん

ブルートは生命を維持するギリギリまでひどくなった貧血。
週末、動物病院で造血剤を注射してぐったりの週末が続いています。
すきなところに連れて行って、好きなものを食べさせてあげてください。

獣医さんからそういわれていよいよダメかもと仕事を休んで見守っていたら、むくっと起きて、おやつをパクパク。玄関のチャイムにワンワンと吠えて玄関前に走って行って、飼い主ビックリ。
そんな1週間がすぎ、またぐったりの週末がきて、貧血がかなりひどくなり、歩いたり、おやつを食べたりできるのが不思議な状態なのだそうです。

ブルート、頑張り屋さんです。
飼い主を悲しませないように渾身の力で犬生を全うしようとしているのでしょう。
ブルートのうちのこ記念日まであと少し。
f0077150_11144943.jpg

f0077150_20531822.jpg

里山散歩

# by bbwan | 2016-11-12 10:52 | JRT ブルート | Trackback | Comments(3)  

大好きな場所へ 


ブルート君、頑張ってる毎日です。 
緩和ケアのおかげで、寝ることはできますが、何しろ食欲がないので、貧血がひどく造血剤でなんとか保っている状態。 歯茎も白く、体重も9キロから7.5キロまで減ってしまいました。
お父さんのスペシャルフード(流動食)を針なし注射器で少しづつ口に含ませてやっと一日60mlの食事。
家ではほとんど寝ているか、ぼーっとしているだけで、平日の楽しみは芝生広場で散歩だけ。

なのでお天気のいい休日はブルートの好きな場所に行こうと、森に行ってみたら、ブルート大興奮。
f0077150_22265117.jpg
f0077150_22273760.jpg
森でも、ほとんど寝ているだけなのに、気分がいいのか、ちょっと遊んでみたり。
そして帰りたくないと抵抗し、脱走までして、自動車に乗ることを拒否。

     家に帰ると、食欲が出るのか、自らおやつやソーセージを食べたりして。
     なので休日できる限りはブルートと森に行きます。 好きな場所は元気の源になるのですね。
f0077150_22364869.jpg
強制退去








# by bbwan | 2016-10-30 11:23 | JRT ブルート | Trackback | Comments(0)  

三度のメシよりも好きなものは

ブルート君
痛みもでてきて眠れず、緩和ケアになりました。

ご飯は食べないけど、散歩好き。
f0077150_19282356.jpg

大好きな芝生広場で日光浴
f0077150_19332991.jpg

よっぽど好きなのね。
あとどのくらい散歩できるかな




# by bbwan | 2016-10-15 19:22 | Trackback | Comments(6)  

ブルート #病気に負けない

f0077150_19021387.jpg

治療中のブルートですが、食欲がおち抜け毛が増え、手術前の様子に近いものがありひょっとして再発かと週末動物病院に行きました。


ブルート GIST(消化器官間腫瘍)の治療で劇的な効果が見られた特効薬イマニチブでしたが、体に耐性ができて、癌を抑えることができず、肝臓に転移 かなり大きな腫瘍となり、出血も始まり貧血も進んでいる模様。
小腸に発生したGISTの術後再発するのが29%と言われていましたが、再発した犬の生存期間は32日

先生の説明にオットもわたしも呆然  それなのにブルート、病院では猫に大興奮する元気さ。 
ところが次の抗がん剤治療が始まると副作用でぐったりです。

1日でも一緒にいたいと願うばかりです。






# by bbwan | 2016-10-09 19:04 | JRT ブルート | Trackback | Comments(3)  

チーンの練習

ほぼ日のアプリ
ドコノコで ドラマー犬を目指しているななちゃん。
その仔を師匠に、糸井さんのブイヨンちゃんも呼び鈴をチーンとならす練習を始めた模様







ブルートもはじめて見ました。
f0077150_14231440.jpg
lチーンの練習は飼い主がチーンチーンとあつくなる模様。できたら、すごいね、偉いね、いい子だねの連呼。 師匠ななちゃんはシンバルもシャ〜んとすごいのです。
老犬ブルートにも可能性はまだまだある。

# by bbwan | 2016-10-08 15:22 | JRT ブルート | Trackback | Comments(0)  

感謝の気持ち 誕生日も

未だもってまだまだ舞い上がっている私を残し、先週オットが犬を連れて松本に帰省。
義父母も私の両親も高齢ながら健康で、オットが両家を訪問してくれました。
入れ違いに私はQSで今月2度目の上京です。

キルト&ステッチショーの報告とお祝いでお昼は高瀬を予約してくださり、メンバーにもう一つ嬉しい報告がありいつも以上に 楽しいランチでした。
f0077150_18230381.jpg


ふと私、QS入室以来の皆勤賞と声を大にしてみましたが、自分も健康で、家族も健康で、時間も含めて余裕のある環境にいることに感謝せねばと思ったのでした。
もちろんこんな私を指導してくださる藤田先生、受け入れてくださる教室のメンバーの皆様にも感謝しかありません。感謝の気持ちを色々考えてきたのに皆さんを前にいうことを忘れてしまいました。
かつて大先輩から、 入室初日 先生をはじめメンバー皆さんにずっとタメ口だった
と言われたことがありました。 態度も大きかったことでしょう。それは現在もかわってないか。


25日はオットの誕生日でしたので、好きなものを作って感謝の気持ちを込めて


# by bbwan | 2016-09-25 17:10 | キルト | Trackback | Comments(0)  

キルト&ステッチショー 2016  ビックサイト

東京ビックサイトで開催されたキルト&ステッチショー 
f0077150_16511595.jpg


f0077150_16563872.jpg
quilters-studio + staff blog
有りあまる嬉しいお言葉をいただいて、お世辞でも嬉しく夢のような時間でした。

羽田からは便利ですが、ビックサイトは遠いイメージがありますが、多くの方にご来場いただいてありがとうございました。 ゆっくり話す時間がなかったり、行き違いの方もいて失礼しました。 
入賞の通知が来てから、この日まで毎日 佐清(スケキヨ)的なパックを続けてみましたが、写真を見た
らあまり変わりなかったです。

表彰式の後、ビックサイト内で懇親会がありました。 招待作家様や関係者が一同に揃い、入賞者同士お酒を手に話ができて楽しい1日でした。



次は大阪です。


# by bbwan | 2016-09-18 17:33 | キルト | Trackback | Comments(3)  

ドコノコに夢中 ブルート13歳

ブルートのGIST治療が始まって、糸井さんのほぼ日新聞のアプリ ドコノコを始めました。
ペットのInstagramみたいなものです。
世の中には、こんなにも可愛い犬猫がいるもんだと(犬バカな飼い主はウチの子ほどの可愛い子はそうはいないと思っていたが)夢中で見てます。
これ以上SNSは必要ないと思っていましたがもうダメ。気がつけばドコノコです。

術後2カ月たち、健康診断の結果も問題なく、治療が続いています。
そして9月8日 ブルート13歳の誕生日を迎えました。
f0077150_19180906.jpg

8日はいつもと変わらない1日でしたが、週末お父さんがハイキングに連れていってくれ、前のように散歩ができることがうれしいです。

# by bbwan | 2016-09-06 21:55 | JRT ブルート | Trackback | Comments(6)